ソーラーパワーや人力等のクリーンエネルギーを用いた
ボートでスピードや長距離を争う競技を開催しています。

ごあいさつ


 四方を海に囲まれた我が国において、海を知り、海に親しむことは、極めて大切なことであります。 また、昨今は地球温暖化や環境汚染等の環境問題、エネルギー問題が大きくクローズアップされてきており、 この早期解決や対策技術の向上が望まれ、21世紀を迎えるにあたり大きな課題となっております。

 このような状況下において、現在太陽エネルギーを利用した「ソーラーボート」、小さな人間の力を動力源とした 「人力ボート」が、マニアの方や専門的分野の多くの方に試作され、実験されており、夢の船として追求されております。 そして、これらのボートの発表の場、テストの場として競技会が実施されてきました。

 これらの競技会は、1989年に第1回浜名湖ソーラー大会が実施され、それ以後毎年実施され、1994年より 人力ボートも加わった大会となり、現在に至っております。また、1991年には主催者の団体として、地域の有志による 「浜名湖ソーラー協会」が設立され、競技会も地元の方を中心に精力的に運営され、大会の充実とともにこれらボートの 性能向上も進み、多くの人の注目を得ることができるようになりました。しかし一方では、大会のより充実、開催地、参加者の拡大、 海外選手の参加、海外団体との連携等、大きな課題も発生してきました。

 そこで、この度、「浜名湖ソーラー協会」を発展的解消し、関係諸団体や有識者等の協力を頂き、新たに全国的な組織として 「日本ソーラー・人力ボート協会」を発足させることになりました。

 新協会は、従来の「ソーラーボート」、「人力ボート」の更なる性能向上を進める為、国内関係者の連携、内外関係者との情報交換や 独創的なアイデアを求め、技術の高度化、ボートの高性能化を目指し、競技会等を通じ、これらの追求と共に、クリーンエネルギーの 実用化や海事思想の普及に、より一層寄与していきたいと思います。。

↑ PAGE TOP