ソーラーパワーや人力等のクリーンエネルギーを用いた
ボートでスピードや長距離を争う競技を開催しています。

御挨拶


名誉会長

皆さんおはようございます。
ご紹介を賜りました「日本ソーラー・人力ボート協会」の名誉会長を務めます塩谷立と申します。
わたくしは浜松市出身の衆議院議員でございます。もともとこの大会は浜名湖が発祥の地ときいております。 地元浜松はボート発祥の地と言われるほどの盛んな処でございまして、 今回この協会が30周年を迎えるにあたって名誉会長をということで仰せつかりました。 したがってこの大会で初めてでございますが気持ちはこのソーラー・人力ボート大会をさらに発展させていき たいと思っておりますので是非この30周年を機に、より一層皆様方のご活躍・発展を願っているのでございます。 台風20号の影響で私が浜松を出るときは雨だった。今日はソーラーだけどお天道様が出なかったり、 雨が降ったりしたらどうなるんだろうと思っておりましたが、どういう条件の下でも頑張っていただくのが、 この大会だと思いますのでましてやこれだけ素晴らしい天候に恵まれましたので、どうか今日・明日皆さん 思い切って頑張っていただいて、これからのソーラー・人力ボートの発展により一層の活躍を頂きたいと思っております。 又今日は大村知事・禰宜田市長・石井県会議員の出席をいただき、本当に地元として大変な応援を頂いていることを 感謝申し上げると同時に、これからもより一層のご協力をいただければと思っております。皆さん方のご健闘を お祈りしてご挨拶といたします。頑張ってください。!                         衆議院議員 塩谷 立(元文部科学大臣)

会長

本年は、台風20号による気象の悪化の対応で、止む無くBTTレースを中止することになりました。 参加予定の皆さま方に対し、心よりお詫び申し上げます。
今年は、浜名湖で、ソーラーボート大会を開催してから、30年・愛知県碧南市に、開催地を移してから、 10年になりました。因みに、我々の協会が出来てから、24年となりました。当協会が発足してから、 長年に渡り、弱体の我々協会を翼の両翼より支えてくださった、公益社団法人日本モーターボート選手会、 公益財団法人マリンスポーツ財団、両者の長年に渡ってのご協力の賜物と思っております。
今年は、4年連続の日韓相互派遣の構想を考えていましたが、日本側のひょうたん島チームが、艇体の改良に時間を取られ、 give up 、韓国側も8月に入り、学生の対外研修の国家予算が取れず、訪日は、不可能との連絡が入りました。 本協会として"来年こそはと名乗りを上げるチーム"をお待ちしております。
今年は、1999年大会以来の出場となる「エキサイトチーム」(ヤマト発動機株式会社)が久々の出場となりました。 その結果は、ショートレース クラスではクラス1位 ロングレース クラス では惜しくも2位という結果を示してくれました。 約20年以上の技術的ブランクの中、人力ボートの技術は錆びついていない事を証明してくれました。
最後になりましたが、愛知県知事、碧南市長をはじめ、地元碧南市、東海地方の各企業、団体の皆さまに ご協力を賜りましたおかげで、円滑な大会運営ができましたことを感謝申し上げます。 今後とも、継続して、ご支援賜りますようお願い申し上げます。
                        日本ソーラー・人力ボート協会                           会  長 八木正生


2018年ソーラー・人力ボート全日本選手権大会の結果


実施日

 日時:2018年8月25日(土)
    2018年8月26日(日)

会場

 場所:勤労青少年水上スポーツセンター
     愛知県碧南市湖西町5丁目59番地

大会の様子     大会結果は「こちら」から

■開会式

開会式 ①
開会式 ②
開会式 ③

選手説明会 ①
選手説明会 ②
選手説明会 ③

■スナップ




■ウエルカムパーティ


■閉会式&表彰式



■Big Sup レース


更新情報・お知らせ

2018年度大会の結果報告NEW
2018年度大会の開催要領掲載
2017年度大会の結果報告
2017年度大会の開催要領掲載
2016年度大会の結果報告掲載
ホームページリニューアル

↑ PAGE TOP